魅力的な90年代バイクのベスト1! ゼファー750/カワサキ

魅力的な90年代バイクのベスト1! ゼファー750/カワサキ

朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で80年代ブームが起きたかと思うと、最近では原宿を歩いていると90年代に流行ったストリートファッションの若者がいて、世間では90年代リバイバルが起きているようだ。
90年代というとバブル消費が消え、ストリート文化が生まれた時代というイメージが強い。今の40代・50代の世代が最高にカッコよかった時代、モテた時代になるわけだが、そんな90年代を象徴する文化のひとつが「バイク」である。

急速にバイクの技術が進化した80年代に対し、90年代は技術の進歩に加え、品質や乗りやすさも求められた熟成期であった。この時代に発売されたバイクは、今なおメカニズム的にも古臭さを感じさせず、中古車市場においても一部車輌の価格相場の上昇が見られる。この盛況を牽引しているのは、リターンライダーや40代・50代ライダーなど、90年代バイクの新車が専門誌で華々しく紹介されていた当時にバイクに興味を持っていた世代なのだ。

“バイクがあればもっと楽しい”をコンセプトに、バイクライフの楽しさやバイク市場の動向を広く社会に発信する「バイク王 バイクライフ研究所」では、こうした背景を受け、単なる性能や価格だけでなく、90年代バイクらしさ、「今だから新しい」と再評価すべきコンセプトを重視した、「魅力的な90年代バイクのベスト3」を選出。

見事1位に選ばれたのは「ゼファー750/カワサキ」だ。90年代のキーワードである『ネイキッド』を象徴するバイクで、当時のライダーから支持されていた、速さだけではないバイクの楽しさを、今もなお体感することの出来るモデルなのだ。ゼファーシリーズには、400cc、750cc、1100ccがあり、主なスタイリングは共通であるものの、特に750ccモデルは、往年の名車であるZ2と同排気量であることからも、強くそのスタイルを連想させる。2006年末の生産終了後も、ゼファーを求めるニーズの高まりもあり、中古車市場において価格の上昇が見られるのである。人間の感性に合っていて、急かされない、流していても気持ち良い、どこから見てもカッコいいバイクなのだ。

第2位は、「V-MAX/ヤマハ」。90年代当時の人気キーワードのひとつが「逆輸入車」である。V-MAX は国内仕様と共に逆輸入車仕様も流通しており、憧れのバイクに相応しい存在なのだ。バイクに詳しい女性であれば、男性がV-MAX に乗っているだけで評価があがったとの声も。大排気量車で加速性を魅力としながらも、軽快感がありワインディングでも楽しいビッグバイクで、リターンライダーや40代・50代ライダーにも適していると言える。

第3位は、90年代を象徴するネイキッドの中で、女性らしい丸みを帯びたデザインを取り入れた「ルネッサ/ヤマハ」である。昨今のバイクブームを支える層のひとつが女性ライダー、いわゆるバイク女子である。バイク女子が90年代バイクを選ぶ際は、過去の憧れよりも、デザイン性が重要であると考えられる。ルネッサと同様のコンセプトのバイクは他メーカーからも発売されていたが、エンジンがV 型であることに加え、秀逸なカラーがラインナップされているなど、今女性が選ぶバイクとして、存在意義が高いのだ。

もう一度バイクに乗りたいと考えているリターンライダーも、40代・50代のベテランライダーも90年代バイクに乗ってあの頃の自分を思い出してみては?

バイク王 バイクライフ研究所
http://www.8190.co.jp/company/lab/index.html
バイク王 バイクライフ研究所 公式Facebook
http://www.facebook.com/bikelifelab/
株式会社バイク王&カンパニー
http://www.8190.co.jp/company/

V-MAX/ヤマハ

V-MAX/ヤマハ

ルネッサ/ヤマハ

ルネッサ/ヤマハ