131212_can_012013年も残すところわずか。今年起こったさまざまな出来事を振り返る時期だが、ユーキャンが20~40代の男女991名に対して「2014年のトレンド予測と資格取得に関する意識調査」を実施。

2013年に起きた出来事のうち、印象に残ったものの1位は「消費税率引き上げ決定(52.3%)」、2位は「2020年夏季五輪の開催都市が東京に決定(51.6%)」となった。

オリンピック開催という喜ばしい出来事があったものの、トップはやはり生活に大きく影響を与える消費税の話題であった。ちなみに、3位は「『半沢直樹』『あまちゃん』等のドラマ話題化(48.0%)」と、新語・流行語大賞にも選ばれたドラマの話がランクイン。4位は「相次いだTwitterへの悪ふざけ画像投稿(46.1%)」、5位は「楽天の田中将大、日本プロ野球連勝記録達成(45.7%)」となった。

また、2014年に予定されている出来事や話題で気になるものに関しては、まず文化・スポーツ・科学技術面のトピックでは「ソチオリンピック開催」がトップ(46.0%)に。続く2位は「ワールドカップブラジル大会(31.7%)」、3位は「WindowsXPサポート終了(24.8%)」となっており、スポーツへの関心の高さがうかがえる。その他、「リニア中央新幹線着工(21.4%)」、「「自動」運転車(自動運転システム)(16.4%)」が上位に来るなど、夢あふれるものが目立った。

政治・経済面のトピックでは、「消費税 8%への税率引き上げ」が85.2%でトップとなった。続いて「原発事故対応(34.7%)」が2位、「TPP協議の進行(25.5%)」が3位、「低所得者に対しての国保の保険料軽減(18.1%)」が4位、「NISA(少額投資非課税制度)開始(17.0%)」が5位という結果に。

調査では、2014年に予定されている出来事を踏まえた上で、家計にどのような変化があると思うかも聞いており、「所得」については「増えると思う」と回答したのはわずか13.1%。一方、支出が増えると思うと回答した人は57.9%と半数以上が占める結果となっており、「より節約に励む予定だ」と答えた人は63.8%に上った。

さらに2014年に取っておくと武器になりそうな資格については、1位が「ファイナンシャルプランナー」、2位が「ケアマネジャー」、3位が「TOEIC(R)」、4位が「社会保険労務士」、5位「簿記」という結果になった。世間の関心が消費税率アップに集まっているだけに、資産設計ができるFPが最も票を多く集めた形になるようだ。

この結果に関してキャリアカウンセラーのいぬかいはづきさんは、「先行き不透明なこの時代、『武器になりそう』『実際に取りたい』の両方でファイナンシャルプランナーが1位というのは、自分で自分を守るためにもマネープランの専門知識が必要不可欠という認識が高まっているためでしょう。確かにファイナンシャルプランナーは、就・転職はもちろん、生活にすぐに活かせる即効性のある資格として、「取ってよかった」と評価する人が多い資格の代表格です。」とのこと。

何かと不安の多い時代、仕事はもちろん自分の生活に活用できる資格をと考える人が多いのは納得できる。2014年、どんな年になるのかわからないが、自分磨きのためにも新たな資格にチャレンジしてみるのもいいかもしれない。
なお、調査の詳細はオフィシャルウェブサイトを参照のこと。

20代~40代男女に聞いてみた!2014年の注目資格は?
http://www.u-can.co.jp/2014shikaku