140131_ash_01今年も連日多くのファンが来場した伊勢丹新宿店の「サロン・デュ・ショコラ」。嵐の松本潤さん主演で話題の月9『失恋ショコラティエ』と「ミュゼ ドゥ ショコラ テオブロマ」のコラボショコラが、開店と同時に完売したというニュースは記憶に新しい。
また、昨年本場のパリで開催された「サロン・デュ・ショコラ」で、初出品にして日本人で最高評価を受賞し、さらに外国人部門で最優秀ショコラティエ賞を獲得した、パティシェ辻口博啓氏の新作ショコラも話題となった。

辻口氏がパリで初お披露目したのは、より多くの人にサプリメントを美味しく楽しく日常に取り入れてもらいたいという想いから、順天堂大学医学部教授の小林弘幸氏とコラボして開発した「H CHOCOLAT SUPPLEMENT(アッシュ ショコラ サプリメント)」である。
マヤ文明の時代から様々な力を持つとして重宝されてきたカカオと、緑茶に含まれるリラックス成分“テアニン”を組み合わせることで誕生。チョコレート1個につき、玉露15杯分(500mg)ものテアニンを配合している。
テアニンは、植物の中でもお茶とごく近縁種にしか見つかっていない、ユニークなアミノ酸。緑茶の旨味に関する成分で、リラックス成分としても注目されている。リラックスしたい、集中したい、気持ちよく眠りたいという人にオススメとのこと。

フレーバーは、「DARK(ダークチョコレート)」「MILK(ミルクチョコレート)」「MACCHA(抹茶チョコレート)」「YUZU(柚子チョコレート)」の4種類で、価格は1カートン(2個入り)1260円(税込)。
PRONWEB編集部でも、東京駅グランスタ内の特設売り場「LOVE STATION TOKYO 2014」にて「アッシュ ショコラ サプリメント(MILK&MACCHA)」を購入、試してみた。

高級感溢れるパッケージとお値段設定から、いずれのフレーバーもビターなのかと予想していたら、「MILK」はコクがありなかなかの甘みだ。香りが良く舌触りも非常にまろやかなので、食べている時点で既に癒し効果がありそう。
個人的には、お茶の香りが上品な「MACCHA」の方が好みであった。今回試していないが、柚子のピールと果汁を使用した「YUZU」も気になるところ。甘いものが苦手なら、フルーティな酸味と程よい苦味の「DARK」が良いかもしれない。

スイーツとサプリという意外な組み合わせではあるが、美味しさと確かな機能を備えた新しいチョコレートとして、バレンタインなどのギフトに喜ばれそうだ。2カートン以上だと箱入りのセットも用意されている。
「アッシュ ショコラ サプリメント」は、百貨店やウェブショップにて販売中。

H CHOCOLAT SUPPLEMENT
http://www.chocolat-supple.jp/