140207_tezuka_01今年は手塚治虫のライフワークだった『火の鳥』の執筆開始から60年の記念の年である。生命や人間の運命をテーマに壮大なスケールで描いた『火の鳥』は、我々に生きるとは何かを深く考えさせた。
手塚治虫の代表作である『ブッダ』も同様である。現在、アニメ映画『buddha2 手塚治虫のブッダ-終わりなき旅-』が公開中だが、手塚治虫は、いまなお我々にメッセージを送り続けているのだ。

そんな手塚治虫の生み出したキャラクターを一挙に紹介する一冊『手塚治虫キャラクター FILE』が学研より発売された。人間というものを掘り下げ、いかに人間が多様な性質、思考を持っているかを熟知した手塚治虫は、キャラクターを創造する名手であった。
本書に紹介された膨大なキャラクターを見るにあたり、その発想の豊かさ、ドラマを構成するための巧妙な設定づけなど、改めて手塚治虫の偉大さに気づかされる。

この『手塚治虫キャラクター FILE』は、手塚治虫の連載作品から短編作品まで作品別に主要キャラクターを紹介、手塚ファン必携の一冊となっている。これほどの数の手塚キャラクターを一冊にまとめたものは、いまだかつてなかったのではないだろうか。もちろんファンならずとも、漫画に興味がある方なら楽しめる。

『手塚治虫キャラクター FILE』(学研パブリッシング)は価格505円(税抜き)で全国のコンビニ、書店にて2月7日(金)より発売中。

学研ムー 公式サイト
http://gakken-publishing.jp/mu/
学研のオンラインショップ ショップ.学研
http://shop.gakken.co.jp/shop/

140207_tezuka_02140207_tezuka_03