140304_ol_01先月、OLエチケット対策委員会が首都圏の30~40代の女性に行った調査で「通勤時の電車やバスなどで気になる嫌なニオイ」の上位となったのは「他人の不快なニオイ」であり、中でも「汗のニオイ」が最も気になるという結果をご紹介した。
3月4日(火)には、その対策方法に関するアンケート結果が新しく公開、「よく歯磨きをする」という日常的な習慣のほか、「制汗剤をつける」「汗ふきシートで拭く」「衣服に消臭スプレーをかける」という手段が上位に挙がった。

これらの手段は、あくまでその場しのぎの対症療法。その中で、根本的なニオイの解決方法として「朝シャワーを浴びる」という女性が、「ほぼする」「たまにする」合わせて約半数見られたことに注目したい。その理由については、「寝汗やニオイを洗い流す」をトップに挙げている。

体臭の原因は、汗や皮脂、皮膚にいる菌。気温や湿度が高くなる夏にニオイが気になるのは当然だが、冬でも電車内やオフィスは暖房が効き過ぎていることも多く、どうしても汗ばむ。
また季節を問わず、夜寝ている間にはコップ1杯分の汗をかくとはよく言われることで、いくら夜にお風呂で念入りに身体をケアしたとしても、朝はどうしても多少は汗が残る。
そんなわけで、朝シャワーでニオイをすっきりと洗い流し、キレイな状態でオフィスに出勤したいと願うのも当然だろう。

「朝シャワーを浴びる」理由としては、その他に「気分がすっきりする」「カラダが目覚める」「髪(頭)がさっぱりする」「気持ちをONにする」「ボディソープの香りに包まれる」などの理由が挙げられており、気持ちの面でも効果を感じている女性が少なくないようだ。

一方、朝シャワーの課題として「バタバタして時間がない」「通勤時に汗ばんでしまう」との回答が挙げられた。汗が気になる場合は、汗や皮脂によるベタつきを抑える「サラサラ」タイプのボディソープを選ぶのも良いかもしれない。
男性に比べると、女性は自分の体臭に気を使っている人の割合が多いように感じるが、自分ではニオイを感じにくいということもあり、気を使うに越したことはないはず。
朝シャワーを積極的に生活に取り入れることで、服装やメイクなど見た目だけでなく、ニオイのエチケットも完璧な大人の女性を目指せそうだ。

OLエチケット対策委員会 「すっきり朝通勤 ランキング」アンケート結果
http://www.pronweb.tv/2014/03/04/140304/6

140304_ol_02ol_07