141021_soup_02ねこまんま、ラーメンの残り汁+ご飯、鍋のシメのおじや、どこか懐かしくほっとするような、日本人には馴染みのある食べ方だ。
そもそも、なぜスープにご飯を入れると美味しくなるのか?その疑問をもとに調査し、商品化すれば“新感覚スープ”として市場に出せるのではないかと考えた味源は、「ごはんを入れるとおいしくなるスープ」を11月4日(火)から販売する。

ご飯の成分の約77%はデンプンである。そのデンプンを旨みに変えるために必要なものが、水と熱だ。つまりスープにごはんを入れることで、スープの水分と熱によりご飯のデンプンが旨みに変わり、それが溶け出してスープをより美味しくする。
ポイントは、「ご飯にスープをかける」のではなく、「ご飯をスープに入れる」こと。スープを主役に、ご飯を加えることでより美味しくなる、懐かしくて新しいスープが誕生した。

味のラインナップは2種類で、ひとつは和風の「とんこつ味」。とんこつラーメンの残り汁にご飯を入れて食べることを再現。食べやすさを考え、こってりし過ぎない味に仕上がっている。もうひとつは洋風のシチューライス風「チーズクリーム味」。味シチューの中でも濃厚なチーズクリーム味で、リゾットのような味わいを楽しめる。

作り方は、茶碗に本品1袋を入れ、約200ccの沸騰したお湯を注いでよくかき混ぜる。そこへご飯100gを入れ、さらによくかき混ぜれば完成。お酒の締め、夜食、寒い朝の朝食などにオススメだ。
「ごはんを入れるとおいしくなるスープ」は、6食入りで500円(税別)。

味源
http://ajigen.com/index.html