141219_brt_01小さな子どもがいるファミリー世代にとって、年末年始の里帰りは親孝行のチャンス。一番の帰省土産は孫の笑顔とばかりに、実家の祖父母は今からワクワクしているに違いない。そして実家に行くと期待してしまうのが祖父母からのプレゼント。子どもには人気のオモチャで良いとして、母親世代にとってはあれば便利だけど、自分で買うには迷ってしまう…… そんなアイテムをおねだりする絶好の機会だ。

モノが豊かな現代的なライフスタイルで、あれば便利なアイテムと言えば何を連想するだろうか。例えば入園や入学を控えた子どもを持つ世代ならば、家庭用ミシンがあるだろう。給食袋やお道具箱を入れる袋、さらに雑巾まで100円均一ショップで購入できる今、そうしたアイテムにアイデアやオリジナル感を加えて活用するのが賢い活用法だ。

そこでミシンが活躍する。多機能のミシンであれば、縫物だけでなく、名前入れからワンポイントの刺しゅう入れまで幅広く応用が効く。中には人気キャラクターが簡単に刺しゅう可能なミシンもあるので、子どもの入園・入学準備に役立ちそう。
日々の忙しさに追われて忘れがちだが、ものを作るのは楽しい事だ。ミシンを持つ事で創作意欲を刺激すれば、通園通学用のアイテムにも手作り品が増えていく。それに合わせて子供の笑顔も増えるだろう。そういった効果があるんだよと実家のお母さんに説明すれば、ミシン購入に協力してくれるかもしれない。

家庭用ミシンの老舗、ブラザーでは入園・入学を控えた母親世代を応援するため、対象のブラザーミシンを購入すると、アップリケやキルトピース等の素材を簡単に作成できる「スキャンカット」が抽選で当たる「ハッピー・スマイル アップキャンペーン」を実施。年末年始の里帰りで上手におねだりして、お得なキャンペーンに応募してみては?

ハッピー・スマイル アップキャンペーン
https://sewco-world.brother.co.jp/feature/happysmileup