150119_bbs_01クルマの楽しさを前面に押し出し、各種パーツの展示販売や、レーシングマシンのデモラン、キャンギャルの撮影会を開催する世界最大級のカスタムカーイベント『TOKYO AUTO SALON』が、今年も幕張メッセで開催された。

会場では自由な発想でカスタマイズされたコンプリートカーをはじめ、三菱自動車ブースの「ランサーエボリューションX Final Concept」やマツダブースの新型「ロードスター」をお披露目。カスタムカーイベントの一言では括れない、多彩な展示内容でクルマ好きの来場者を喜ばせてくれた。

これらのクルマの足元をドレスアップし、時には走行性能を向上させる、カスタムカーの基本的なパーツがホイールだ。実際に『TOKYO AUTO SALON』でも多数のホイールブランドが新作モデルやコンセプトモデルを展示していた。

例えば鍛造ホイールメーカーの代名詞であるBBSジャパンブースでは2015年仕様のNISSAN GT-R NISMOの実車展示のほか、GT-Rに装着されている“RI”のアルミ鍛造バージョン“RI-A”をはじめとするニューモデルや限定生産モデル等を展示。愛車の足元にこわだわる来場者の注目を集めていた。

実際にBBSジャパンブースに足を運んだ人であれば、前出の“RI-A”のリム内側部分に、タイヤが滑りにくくなる特殊なコーティングを施している事に気付いたかもしれない。もちろん街乗りレベルで不具合が出るとは考えにくいが、サーキットでのスポーツ走行等、極限の状況でもポテンシャルを最大限に発揮できるよう配慮されているのだ。

見た目のデザインだけでなく、普段は目にする機会が少ないメーカーのこだわりに触れることができるのも『TOKYO AUTO SALON』の醍醐味だろう。
展示だけではなく、イベントも各ブースで趣向を凝らしていたが、BBSジャパンブースでも、10日にはSUPER GT参戦ドライバーの柳田真孝選手、11日は本山哲選手のサイン会が行われた。

この他にも購入者向けのサービス「BBS JAPAN TANZO CLUB」のアナウンスも行っていた。「BBS JAPAN TANZO CLUB」では、購入時や買い替え時にBBSオリジナルグッズがプレゼントされたり、購入したBBSジャパンの鍛造ホイールが損傷してしまった場合、使用中のホイールとの交換を条件に定価の半額で新品と交換できる「REPLACEサービス」など、様々な特典やサービスを受けることができる。

BBS鍛造ホイールの購入を検討している人や、既にBBS鍛造ホイールを使用しているが、まだ「BBS JAPAN TANZO CLUB」に登録していない人は、今すぐ公式Webサイトを確認しよう。

BSSジャパン
http://www.bbs-japan.co.jpBBS JAPAN TANZO CLUB
http://www.bbs-japan.co.jp/jp/members/

PRONWEB Facebook

150119_bbs_02
150119_bbs_03
150119_bbs_04