150123_pin_01超高齢化社会を目前に、ますます介護士や介護施設の不足が深刻化することは否めない。介護士や介護施設が足りていないことももちろんだが、まずは最期まで自力で生活を営むことができるように健康体を保つ努力をしたいと誰もが考えているはずだ。

ネット配信でプロのイントラによる指導が受けられる「ホームフィットネス24」を運営する保安企画では、そんな状況を踏まえ、シルバー世代やシニア世代が運動をするきっかけになればと、平均年齢75歳のヒップホップダンスユニット「ピンコロ隊」のプロモーションビデオ(予告)の配信をスタートした。

「ピンコロ隊」とは、なんと平均年齢75歳の男女10名によるヒップホップダンスユニット。死の直前までピンピン生きて、最後はコロッと逝きたい、ダンスやフィットネスを続けていればこんなに若々しく生き生きとしていられる、そんな思いをネット配信することで、運動の重要性を社会に伝えることを使命としている。
ピンコロ隊のメンバーは、生まれて初めてヒップホップダンスに挑戦。昨年の10月から本格的に始動し、合宿や練習を重ねてプロモーションビデオの撮影が行われた。ぜひ彼らの雄姿をご覧あれ。現在アップされているのは予告編で、第1弾は2月に公開される予定だ。

介護予防や健康づくりの一環として、ヒップホップを取り入れた予防プログラムに取組む介護予防教室もある。新しいことにチャレンジすることで、参加者にとっては新鮮味があり、また若々しい気持ちになれるようだ。ヒップホップは若者のものだけではない、そんな時代が来るかも!?

ピンコロ隊 予告
https://www.youtube.com/watch?v=wQ6TE0knAQY
ピンコロ隊 活動報告
http://ameblo.jp/home-fitness24/theme-10085168560.html
ホームフィットネス24
http://home-fitness24.jp/