150217_hot_01150217_hot_02

お汁粉、焼き芋、焼きリンゴなど、寒い季節に美味しいアツアツのスイーツ。昨年は銀座立田野から「ほっとあんみつ」が販売されその意外性が話題となったが、今年は中国ラーメン揚州商人がホットスイーツフェアを開催中。
新感覚のホットスイーツとして「夢ごこち温杏仁豆腐」と、中国古来より縁起の良いスイーツとして伝わる「桃まんじゅう」を販売している。

中華系デザートとして馴染みのある杏仁豆腐だが、実は主原料となる杏の種の仁には身体の虚弱を補い、肺を潤す働きがあるため、咳や肌の感想、口や喉、鼻の乾きなど乾燥によるトラブルを予防する効果があると言われている。

中国ラーメン揚州商人では、そんな不動の看板スイーツの杏仁豆腐を、アツアツの状態で杏仁シロップをかけ、スペシャルに仕上げた。この冬は、美味しくて冬のトラブル対策にもなるホットなスイーツで温まろう。
「夢ごこち温杏仁豆腐」は390円(税込)、「桃まんじゅう」は300円(税込)。販売期間は3月8日(日)まで。

中国ラーメン揚州商人
http://www.yousyusyonin.com/