150306_beer_01日本人の多くが愛する“ビール”。中には毎日飲む人もいるだろう。そしてビール愛好家がこだわるのがビールと泡の比率だ。一般的には、ビール7割、泡3割が理想的と言われているが、グラスを斜めから垂直にするタイミングなどなかなか上手くいかないのが悩みだ。また、注いで作った泡は荒っぽく、乾杯する頃にはなくなってしまったという経験もあるだろう。

そんなビール愛好家の悩みに応えるべく、タカラトミーアーツは、ビールをおいしく楽しむ様々な商品を「ビールアワーシリーズ」として展開している。その中でも2013年4月に発売した「ソニックアワー」は、ビールを注いだグラスを本体の上に置いてスイッチに触れると超音波振動でクリーミーな泡をつくることができる商品で、ワンタッチの手軽さと本格的な泡のおいしさで大ヒットとなった。
「このおいしい泡を自宅以外でも作りたい」「皆でわいわい楽しみたい」というユーザーの声から開発され、この度発売されことになったのが、ハンディタイプの「ソニックアワーポータブル」だ。

従来のソニックアワーは置き型で、本体の上に少量の水を張り、その水を通じて超音波をビールの入ったグラスに伝える仕組みだが、新商品のソニックアワーポータブルは、本体の先端部分に超音波発生ユニットが内蔵されていて、グラスの側面からダイレクトに超音波振動をビールに伝える、独自開発の新機構を搭載している。

泡を作る際は、7~8分目までビールを注いだグラスの側面に、本体の先端部分「ソニックポイント」を押しあてる。グラスにソニックポイントが触れている間だけ超音波振動が発生し、きめ細かい均一な泡がゆっくりと立ちあがっていくのだ。
また、超音波の出力を抑え、泡の量が調節しやすくなったため、コツをつかんでスムーズにこだわりの泡を作ることができるようになれば、まるでビールマイスターになったかのような気分を味わえる。お求めやすくなった価格と、お手入れが不要な手軽さもポイントだ。 これからの季節、ホームパーティーやバーベキューはもちろん、卒業旅行、歓送迎会など、様々なシーンで活躍できること間違いなし。

価格は2900円(税抜)で3月26日(木)より全国の雑貨店、量販店、玩具専門店で購入可能だ。単3形アルカリ乾電池×3本使用(別売り)ですぐに使うことができる。
ビールの泡にとことんこだわり抜いてきたタカラトミーアーツが、ビールを愛する全ての人に贈る自信作「ソニックアワーポータブル」。最上級の泡を好きなときに好きな場所で楽しんでみてはいかがだろうか。

タカラトミーアーツ
http://www.takaratomy-arts.co.jp/