150410_meiko_01流行語大賞も受賞した東進ハイスクール、林修先生の「今でしょ」のCMや、スクールIEの「やる気スイッチ」のCMなど、予備校や学習塾のCMと言うと、斬新で印象に残るものが多い。最近だと「YDKダンス」が気になる個別指導塾大手の明光義塾のCMがあげられる。

そもそも「YDK」とは、「やれば(Y)・できる(D)・子(K)」の頭文字。2014年から明光義塾が掲げているコンセプトで、「やればできる子」が「本当にできる子に」なるようサポートしようという姿勢だそう。このコンセプトを盛り込んだYDKのうたにあわせて生徒たちが踊りまくる「YDKダンス」はSNS上でも話題となっている。

そんな個別指導塾のパイオニア明光義塾が、業界初となる実話に基づく塾講師ショートフィルムを公開した。4月6日に公開したショートフィルム『おしえるしごと、おそわるしごと』は、全国の明光義塾の講師から寄せられた956の実話をもとにして制作。答案用紙を破って反発する少年、言葉を発さない少女など問題を抱えた生徒たちと向き合い、共に成長していく塾講師の姿が描かれる。

「講師感動エピソードコンテスト」と題し、全国約2100教室に勤務する講師から実際に体験した感動エピソードを募ったというから、リアルで説得力があるのだろう。塾講師経験者、自分や身近な人の受験と重ねてみると、涙してしまうような心揺さぶるストーリーとなっている。

また、豪華な出演者と制作スタッフもこのショートフィルムの魅力だ。講師役としてスタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』のヒロイン・かぐや姫の声優に抜擢された朝倉あきさん、舞台や映画で活躍する注目の若手俳優である水間ロンさんが出演。
生徒役として映画『るろうに剣心』に少年剣士・明神弥彦役として出演した田中偉登(たけと)さん、中学生向けのファッション雑誌『nicola』の2012年度モデルオーディションでグランプリに輝いた鈴木美羽(みう)さんが出演している。

制作スタッフとしては、きゃりーぱみゅぱみゅ等のMVを手掛ける高山宏司さんがプロデューサーを務め、AIの『ハピネス』のMVを手掛けた大久保拓朗さんが映像を監督、撮影は「ベルリン国際映画祭2014フォーラム部門 国際映画批評家連盟賞」を受賞した山田真也さんが行った。

6日に公開した『おしえるしごと、おそわるしごと』に登場する2つのエピソードのフルストーリーは順次公開予定。4月23日(木)に『紙をやぶく少年』、5月14日(木)に『無口な少女』を公開するので、詳細が気になる人は要チェックだ。

明光義塾 塾講師ショートフィルム「おしえるしごと、おそわるしごと」
https://youtu.be/Ayp8P9BXYtA