150427_casio_013月に開催された腕時計の祭典、BASELWORLD 2015。この会場で発表され注目を集めたフルメタル電波ソーラーウオッチ“OCEANUS(オシアナス)”の限定モデル「OCW-G1000E」が、6月に発売される。

このモデルはカシオ独自のGPSハイブリッド電波ソーラーを搭載した「OCW-G1000」をベースに、ブランドカラーであると共に、宇宙からみた地球をイメージした色でもあるブルーを印象的に配し、世界限定2000本で発売されるもの。“りゅうず”や針軸の中心部には再結晶サファイヤが用いられ、ラグジュアリーな仕上がりが印象的。前回の“バーゼルモデル”も市場から高い評価を受けただけに、今回も争奪戦が繰り広げられそうだ。

本モデルを生産するのは、ファンにはお馴染みの山形カシオ『Premium Production Line』である。GPSと標準電波(世界6局)の双方で正しい時間を刻み続けるエレクトロニクステクノロジーと、ザラツ研磨仕上げをはじめとする匠の業との融合は、同生産ラインの真骨頂。さらに10気圧防水機能や、両面無反射コーティングのデュアルカーブサファイアガラス風防といった、快適性についても抜かりは無い。

「OCW-G1000E」の価格は25万円(税別)。機能やデザインだけでなく、日本製だからという理由でも選びたい腕時計だ。

OCEANUS
http://oceanus.casio.jp/