150511_saifu_01大阪都構想の賛否を問う住民投票を17日に控え、大阪周辺が騒がしい今日この頃だが、今年は戦国時代の動乱に終止符が打たれた「大坂夏の陣」から400年を迎えた年でもある。現在、大阪城を中心に大阪の魅力を発信するイベント「大坂の陣400年天下一祭 夏の陣2015」が開催中だ。大阪の魅力を国内外に発信しようと、官民協働で盛り上げている。

そんな大阪夏の陣400年を記念し、大阪の“ちょっと賢い革小物クアトロガッツ”では、豊臣秀吉が愛用した陣羽織「富士御神火文黒黄羅紗」モデルの小さい財布を発売中だ。
クアトロガッツは、全てハンドメイドかつ日本製の小さい財布「小さいふ」をはじめ、アイデアと遊び心が盛り込まれた革財布・革小物を製作。毎月、新しいカラーの小さいふを発表しているが、その第5弾として今回の豊臣秀吉モデルが発売となった。価格は9,800円(税抜)。

漆黒の空に火をあげる富士山を大胆に配置したデザインで、デフォルメされた富士山と吹き上がる炎、黒い丸は火山弾・噴石であると言われている。本来の陣羽織では炎も黄色なのだが、クアトロガッツオリジナルとしてワンポイントでレッドを配置した。
「小さいふ」は、手のひらにおさまる極小サイズながら、お札10~20枚、カード2~3×2の4~6枚、小銭20~30枚収納可能。素材にはエイジングが素晴らしい日本最高峰の栃木レザー社製のヌメ革を使用している。

国内外の旅行、夏フェスなどのイベントや近所へのお買い物など、ちょっといつもより小さめの財布がいいなという時にピッタリ。家族や恋人、友達と色違い、お揃いでプレゼントするのも良さそうだ。豊富なカラーやデザインが魅力的で、カラーオーダーも可能。今回の富士山モチーフ以外にも思わず欲しくなるデザインや誰かにプレゼントしたくなるデザインが見つかるはずなので、一度サイトをチェックしてみては?

クアトロガッツ
http://quatrogats.com/