150618_purin_01なんでもかんでも大きければ良いというわけでもないけれど、メガ盛りやビッグサイズはやっぱりテンションが上がるというもの。2008年にタカラトミーが発売した超ビッグサイズのプリンが作れるキット「ギガプリン」も、そのインパクトのあるビジュアルが話題となったが、そこからさらにパワーアップして帰ってくる。サイズが150%増の「超ギガプリン3.0」が10月下旬から発売される。

「超ギガプリン3.0」は、前回よりもプリンの容量が増え、3リットル(おおよそ30人)で食べることができるボリューム。
作り方は簡単だ。まず市販の牛乳2リットルと鍋を用意する。鍋に水と牛乳1リットルを入れて火にかけ、「プリンの素」を入れて溶かす。溶けたら、バケツに移した後、さらに牛乳1リットルを加える。そこへ、お湯で溶いた「カラメルソースの素」を投入。カラメルソースの糖分は重いため、自然とバケツのそこにたまる仕組みで、プリン液と混ざることはないので心配はご無用。

そしてカラメルソースを入れ終わったら、バケツごと冷蔵庫で10時間以上冷やす。冷やした後に、固まったプリンが入ったバケツをひっくり返してお皿にあける瞬間が、一番のハイライトかもしれない。ドスンという音と共にギガプリンが鎮座するはずだ。
ちなみにリニューアルされたのはサイズだけではない。中途半端なリニューアルにならないよう、妥協を許さず、味にもこだわった。甘さを控えめに、飽きが来ない味を目指して「プリンの素」を調合。そして2リットルの牛乳を加えることで、よりなめらかな味わいとなったというので期待しよう。

「超ギガプリン3.0」の価格は3980円(税抜)。誕生日やパーティーのケーキをワンホール買うぐらいの価格、もしくはそれ以下の価格で、大勢で盛り上がることができると考えればお得だ。付属のギガスプーンで、好きなだけ食べまくろう。もちろんパーティーじゃなくても、超ビッグサイズのプリンを丸ごと飽きるまで食べてみたいという夢を叶えたい人は、はりきってどうぞ!

超ギガプリン3.0
http://www.takaratomy-arts.co.jp/specials/gigapudding/