バナナとりんごでバナップル、洋梨(Pear)とりんごでパップル、桃とネクタリンでピーチリンなど、他の種類を掛け合わせていいとこ取りをしたハイブリッドフルーツの開発が盛んになってきた。
最近では、ありそうでなかった「きゅうりメロン」が登場。マルシェ青空では、自社農場でのテスト栽培に成功したことを受け、きゅうりメロンの種子を販売開始した。

きゅうりメロンは、キュウリとスイカとライムが合わさったようなスッキリとした甘みが特徴的なフルーツ。アメリカでは「とても美味しい」と話題沸騰中で、最近は全米で展開のWhole Foods Marketでも見かけられる。皮を剥く必要もなく、また栄養価も高いということで人気急上昇中のフルーツだ。

栽培は非常に簡単で、露地栽培もプランター栽培も可能。豪雪地帯でない限り栽培可能で、また乾燥や悪天候にも強い。ブドウよりも若干大きいサイズに育ち、見た目は小さいスイカのようだ。
もともとは中南米で栽培されていた品種だが、アメリカの農家が商業化に成功し、遺伝子組み換えをしていない種子を専門に取り扱うNPOから輸入しているので、安心して食べることができる。

きゅうりメロンの種子の価格は20粒700円(税抜)から。マルシェ青空で購入可能(日本ではここのみ)。
マルシェ青空は、「日本の農業を楽しく元気にする」ということを最優先に考え、「レインボーコーン」「ソルガムきび」「キヌア」など日本ではまだ隆注していない珍しい農作物を日本で初めて導入してきた。
きゅうりメロンの種の他にも、ピンクパンプキンの種、レインボーローズの種などユニークなラインナップが揃うので要チェックだ。

マルシェ青空
http://www.marcheaozora.com/