150713_ringo_01JR東日本ウォータービジネスが、青森県農村工業農業協同組合連合会と組んで開発している青森りんごシリーズのジュースから、新フレーバー「紅玉ブレンド」が緊急発売となった。

青森りんごシリーズと言えば、2010年から続く人気シリーズ。主にエキナカの自販機acureやNEWDAYSなどで販売されており、今期も「つがる」「トキ」「王林」「ふじ」と品種別にラインナップされた。
今回緊急発売となった「紅玉ブレンド」は、お客さまアンケートで「紅玉のりんごジュースが飲んでみたい」「酸味がきいたものも飲みたい」という要望が多数だったため、当初の計画に加えての発売となった。

紅玉のジュースというのはちょっとレアである。スーパーでよく見かける品種だが、生食でも美味しく、アップルパイなどのお菓子や料理などの加工品としても需要が高い。そのため、ジュースとなると貴重なのだ。
ただし単一品種のジュースにするには酸味が強いために、今回は「ふじ」を中心に青森りんごをバランスよく配合し、紅玉の酸味と香りを活かした仕上がりとなった。

このシリーズに共通していることだが、今回も濃厚な味わいで100%りんごジュースとして非常に満足度が高い。
しかし、従来の品種と明らかに異なるのが、突出した酸味である。酸っぱいわけではなく、甘みがメインながらも酸味のバランスが絶妙。甘みが強めのジュースは夏場にゴクゴク飲み干すにはくどいが、今回の紅玉ブレンドはキリっとした酸味が喉に心地良く、リフレッシュにオススメしたい。

「青森りんご 紅玉ブレンド」は、280mlで160円(税込)。東京23区および青森県限定販売で、JR東日本エキナカ自販機acureで販売。通販も行っているので、該当地域以外でも入手可能だ。

acure made 青森りんご 紅玉
http://www.acure-fun.net/products/acuremade/apple/index.html