150721_orange_01長野県松本市を舞台に、高校生6人グループを中心とした爽やかな青春ラブストーリーを描く漫画『orange』。1巻~4巻までが累計160万部を突破したベストセラーコミックだ。
現在も『月刊アクション(双葉社)』で連載中、12月には実写映画化を控えており、クライマックスに向けてますます目が離せないが、7月18日には初のノベライズが発売となった。

双葉社ジュニア文庫から発売となった『orange』1巻は、小学校高学年から中学生向けの小説。コミックは10代後半~40代の男女と幅広い読者層に支持されているが、「娘と一緒に読んでいます」「子供と最新巻のとりあいになった」「娘に借りて久しぶりに恋愛漫画を読んだけど感動した!」など親子で楽しむ声が多数寄せられている。

また、青春、友情、親子愛、大切な人を助けるために奔走する姿が美しく描かれていることからも、より多くの子供たちに読んで欲しいという思いで、今回ジュニア向けの小説化に至った。
ヒロインたちの葛藤を通して考えさせられることも多いので、小中学校での朝読や、夏休みの読書感想文の推薦図書としてもふさわしい作品だろう。

ノベライズの著者は、『小説 ちはやふる 中学生編』(講談社)』『小説 弱虫ペダル 巻島・東堂の二人の約束』など多数の著書があり、『orange』の舞台である長野県出身の時海結以さん。
カバーはコミックの原作者、高野苺さんの描き下しとなっている。1巻は700円(税抜)で発売中、2巻は11月に発売予定だ。

双葉社ジュニア文庫 orange 1
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-23911-9.html
高野苺『orange』特設サイト
http://www.futabasha.co.jp/introduction/orange/pc/