150722_stb_02鳥取県の出店を果たし、名実ともに全国チェーン展開となったスターバックス。鳥取デザインのマグカップがネットオークションで高価で売買されたことも話題となったが、7月29日(水)にも注目のマグカップが登場する。

スターバックスコーヒージャパンは、国内のストリートカルチャーを牽引し続ける藤原ヒロシ氏が主宰するデザインプロジェクト“Fragment Design (フラグメントデザイン)” プロデュースによるオリジナルマグカップと、グローバル及びドメスティックブランドのテザインを幅広く手掛ける溝口基樹氏が主宰するデザインプロダクション“mo’design(モーデザイン)”&Fragment Designプロデュースのハンディーステンレスボトルとミニスターバックスカードの発売を開始する。

「オクタゴナルマグ」と名付けられたマグカップは、文字通りに八角形デザインが与えられている。白と黒、それぞれモノトーンのシンプルなカラーリングながら存在感を併せ持つ特別なマグカップだ。
また定番の「ハンディーステンレスボトル」と「ミニスターバックスカード」は、ストリートファッションでは欠かせないカモフラージュ柄にアレンジ。いつでも持ち歩きたくなるスタイルを提案している。

上記のアイテムは全国のスターバックス店舗(一部店舗を除く)とスターバックスオンラインストア(ミニスターバックスカードは店舗のみ)にて7月29日(水)より発売開始。価格はオクタゴナルマグが各1900円、「ハンディーステンレスボトル カモフラ」が4900円、そして「ミニスターバックスカード カモフラ」は1000円以上の入金(いずれも税抜)で発行可能だ。

スターバックス
http://www.starbucks.co.jp/

150722_stb_01