150730_mb_01ぬれせんべい、ぬれおかき、ぬれかりんとう、ぬれクッキー、ぬれ甘納豆。“ぬれ”が付くこれらは、しっとりと濡れた感じが柔らかく美味しい。
そして、ちょっと聞き慣れないが、モスバーガーから新たに登場するのが「ぬれバーガー」だ。ハンバーガー全体をナポリタン風味のソースに浸した「モスのぬれバーガー ナポリタン風味(280円)」を、8月3日(月)から東京都と神奈川県の全店舗(一部店舗除く)にて数量限定で発売する。

ぬれバーガーのモチーフとなるのは、トルコ・イスタンブール発祥のファストフード、ウスラック・ブルゲル。日本語の直訳は「濡れバーガー」で、スパイスの効いた甘めのトマトソースにバンズを浸し、パティをはさんだハンバーガーのことだ。

「モスのぬれバーガー ナポリタン風味」は、もちっとした米粉入り白パンに、パティとスライスチーズをはさみ、日本独自のスパゲティ料理「ナポリタン」をイメージしたオリジナルソースにまるごと浸した。
ナポリタン風味のソースは、すりおろした玉ねぎやにんにくを炒め、ケチャップやウスターソースで煮込んでおり、飽きのこないどこか懐かしい味わいに仕上げている。

ちょっとびっくりするようなビジュアルだけれど、もちっとした食感とマッチして美味しそうだ。
そういえばその昔、自動販売機で売られていたハンバーガーも、ホカホカと温められて全体が蒸気でしっとりして美味しかった気がする。モスバーガー自体、もともとソースがたっぷりでしっとりめだから、違和感なく味わえそうだ。数量限定発売で、なくなり次第終了となるのでお早めに。

モスバーガー
http://mos.jp/