150908_bttf_012015年10月21日と言えば、映画『バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2』でマーティとドクが訪れた“未来”の日。いよいよ迫りくる記念日に向けて、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』30周年記念ブルーレイ/DVD BOXや公式本の発売など盛り上がりを見せている。

イベントのひとつとして企画されたのが、シリーズ1作目を全編フルオーケストラによる生演奏で観る『「バック・トゥ・ザ・フューチャー」inコンサート2015』だ。
今年の5月30日の世界初演後、米・ハリウッドボール、ロンドン・アルバートホールをはじめ世界中で上演されており、このコンサートのためにロバート・ゼメキス監督の盟友、映画音楽界の巨匠アラン・シルヴェストリが元々のオーケストラスコアに加えて、新たに約15分のスコアを作曲。

スカっと痛快で超絶かっこいいアクション・アドベンチャー音楽が80名のフルオーケストラで、映画とシンクロして演奏されるという贅沢な内容だ。巨大なスクリーンで上映される映画からは、マーティ、ドクのダイアログやデロリアンの効果音、そして「パワー・オブ・ラブ」が大音量で楽しめる。

日本でも11月23日(月・祝)に東京国際フォーラムで開催が決定したが、チケットは即完売。しかしファンには朗報だ。今回、東京の追加公演と大阪公演の開催が決定した。

日本公演は、新日本フィルハーモニー交響楽団の演奏で、追加を含めて全3公演が行われる。東京は11月23日(月・祝)が2回公演になり、大阪は11月26日(木) オリックス劇場で開催される。

先行販売は9月9日(水)11時より。詳細はオフィシャルサイトを確認しよう。1950年代or1980年代のファッションで参加すればさらに気分が盛り上がりそうだ。

オフィシャルサイト
http://bttf-live.jp