『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』、『ひつじのショーン』、『ウォレスとグルミット』シリーズ、『チェブラーシカ』、『ピングー』シリーズ、『どーもくん』に『こまねこ』。これらはいずれも、静止している物体を1コマ毎に少しずつ動かしカメラだ撮影し、あたかも連続して動いているかのように見せるストップモーション・アニメーション(コマ撮り)を用いた作品だ。
想像しただけでも気の遠くなるような作業だが、ちょっと面白そうでもある。やってみたいと思っている人もいるかもしれない。

デジタルハリウッド大学では、このストップモーションの映像制作を体験してもらうことで、映像の面白さや制作する楽しさを体験してもらうと講座を開催。親子を対象に、女の子に大人気のシルバニアファミリーの人形や家具を使った、「親子向けワークショップ ストップモーション講座 シルバニアファミリーのアニメーションを作ろう!!~シルバニアファミリー30年のクリスマス~」を開催する。

シルバニアファミリーは今年30周年を迎えるということで、テーマは「シルバニアファミリー30年のクリスマス」。参加者にはシルバニアファミリーのおみやげ付き。
制作した動画は、デジタルファイルで持ち帰りできる。また、自身のお気に入りのシルバニア人形を持ち込むことも可能だ。

開催は11月29日(日)で10時からの午前の回と、14時からの午後の回となる。各回15組限定(1組につき3名まで)で、要予約、全着順となる。受講料は1組2500円(税込)。詳細は下記を参照のこと。
サンプルアニメを見ると、素人でもこれぐらいできるのかと驚く。お子さんと一緒に監督気分を楽しもう。

講座詳細ページ
http://www.dhw.ac.jp/lecture/sylvanian-families_3rd/
予約フォーム
http://goo.gl/forms/rnP4fOtZK8