151221_og_01今年の年末年始は、昨年と比べるとカレンダーの日並びの関係でだいぶ短いが、予定はもうお決まりだろうか。
インターネットリサーチのマクロミルが全国20~69歳の男女2000人に調査したところ、年末年始の出費を伴う外出予定は「予定がある」が54%。「外食」「デパート・ショッピングセンター」など、近場の気軽なお出かけが多いようだ。休みが短いせいか、2人に1人は出費を伴うお出かけ予定がないことも判明した。

また、年末年始に出費を伴う外出予定がある人に予算を尋ねたところ、平均5万3636円で前年より1万5631円プラスとなっている。外出予定がある人は減っているものの、予算は上昇傾向。
その他、調査では冬のボーナス使い道ランキング(1位「預貯金」2位「生活費」3位「ローン返済」)、クリスマスの予算(平均8783円で前年より1853円マイナス)、理想のクリスマスデートランキング(トップ3「自宅でまったり」「イルミネーション」「素敵なレストラン」)、関東で人気のイルミネーションランキング(トップ5「東京駅駅前広場」「東京ミッドタウン」「東京スカイツリー」「横浜みなとみらいエリア」「表参道エリア」)などを発表。

詳細は下記結果ページを参照のこと。年末年始の過ごし方の参考にしてみては?

2015年~2016年 「年末年始の過ごし方に関する調査」
http://www.macromill.com/r_data/20151218newyear/index.html