160106_tamiya_01ビジネスパーソンのコミュニケーション対策と言えば“飲みニケーション”だった時代は過去のもの。仕事絡みの付き合いは“ランチ会”で済ませ、仕事の後はプライベートを大切にしたり、逆に休日を使ってフットサルの大会に参加したりとコミュニケーションの手法は様々。

人と人の繋がりを円滑にする目的だからこそ、社内の共通言語を見つけ、新しいカタチのコミュニケーションを提案する時代なのかもしれない。
例えばオトナの間でブーム再燃中のミニ四駆。社会現象とも言われたミニ四駆ブームを経験した世代は、今や立派な社会人だ。飲みの席で「何となく話を合わされているな」と感じていた同僚に、ミニ四駆の話題を振ったら思いっきり食いついてきた…… なんてシチュエーションが当たり前の時代なのである。

そんな共通言語が見つかったならば、本格的なミニ四駆コースを設置したイベントスペースを貸し切って、思いっきり童心に帰ってレースを楽しんでみるのも良いだろう。
JR新橋駅から徒歩圏内にある、模型のタミヤのオフィシャルショップ「タミヤ プラモデルファクトリー新橋店」では、1月4日より、新たにオリジナルのミニ四駆イベントの開催を希望する団体や企業に向けてイベントスペースの貸し切り利用サービスを開始している。

同スペースには最大5人でのミニ四駆の同時走行を楽しめる大型のミニ四駆サーキット(最大全長約120m)が設置されている他、音響設備やチェッカーフラッグ、スターター、最大60名が着席可能なテーブル席も用意している。肝心のミニ四駆は併設のショップで手に入るのだ。

気になる貸し切り料金は、平日18 時から21 時までの3時間で3万 円(税別)と、ロケーションと設備を考えればかなりお得な設定だ。
気の合う仲間はもちろん、商品を用意して部署対抗レースを開催しても白熱しそう。スペースは利用規約に準じるのが前提だが、企画内容によっては相談に乗ってくれるそうなので、いつもとは違った社内コミュニケーションを考えていた人は問い合わせてみては如何だろう。
平日夜以外の料金設定や利用規約などの詳細は、下記インフォメーションページを確認しよう。

タミヤ プラモデルファクトリー新橋店
http://www.tamiya-plamodelfactory.co.jp/shimbashi/news/1512_rental_ModelersSquare.htm