detail_1796_1461630383クラウドファンディングで資金を集め、老舗織元が織る會津木綿でスニーカーを誕生させるプロジェクトが5月16日(月)にスタートした。

約450年の歴史を有する「會津木綿」は、現在では2社のみが生産する貴重なマテリアル。古くは白虎隊の日常着として愛用されていたとも伝えられている。これを日常生活に活かす目的で立ち上げたプロジェクトは、アッパー素材に会津木綿とスエードを採用した、クラシックタイプのスニーカー作りだ。

プロジェクトはオリジナルのハンチングが提供される6300円コースから、販売予定価格1万9800円(税別/送料別)のスニーカーを、送料と消費税込で1万6000円で提供するコースまで複数用意。スニーカーは各サイズ合計で205足の受付に対し、早くも40人を超える支援者が現れている。

Makuake プロジェクト掲載サイト
https://www.makuake.com/project/toshinobow/