160629_casio_02専用アプリケーション「CASIO WATCH+」をスマホにダウンロードし、Bluetooth SMARTによるモバイルリンクで、世界約300都市のワールドタイムが簡単に設定可能なEDIFICE(エディフィス)EQB-600。
CASIOらしいハイテク機能による利便性を堪能できる、コストパフォーマンスに優れたメタルクロノグラフとして注目を集めるモデルだ。

このEQB-600の目玉ギミックのひとつが、北極圏上空から見下ろした地球をイメージし、ドーム状に成形された3時側のインダイアルである。このインダイアルはワールドタイムをセットした際に回転するギミックが盛り込まれているのだ。この楽しさについてはインダイアルの動きがひと目で分かるプロモーションムービーが公開されているので、そちらをご覧いただきたい。

EQB-600は現在2カラーがラインナップ。価格は5万円(税別)。ハイテク機能が注目されるモデルだが、多機能モデルでありながら本体は13.3mmという薄型デザインを達成し、快適な装着性を確保している点も見逃せない。

世界約300都市のワールドタイムと聞くと、一般的なライフスタイルではオーバースペックのように感じるかもしれない。だが、TVやWebニュースだけでなく、SNS経由でもリアルタイムに世界中の情報と接触する今、情報発信者が暮らすエリアの時間帯を知り、よりリアルに情報を受けとめる行為は意味のあるものだ。クルクルと回るインダイアルの動きと共に、世界に溢れる情報をもっとリアルに楽しもう。

EDIFICE(エディフィス)
http://www.edifice-watches.com/jp/ja/160629_casio_01