160722_oyama中央職業能力開発協会(JAVADA)では、主に若年層に興味を持ってもらうためのイベント「技能競技大会」展2016を、7月29日(金)イオンモール小山さくらコートにて開催する(入場無料)。

厚生労働省では、青年技能者や技能士に目標を持ってもらい、その技能の一層の向上を図るとともに、ものづくり技能の素晴らしさ・重要性について広く国民に知ってもらうための各種大会を開催している。

参加国の職業訓練の振興、青年技能者の国際交流、親善を目的とした「技能五輪国際大会」。
原則23歳以下の青年技能者を対象に、技能レベルの日本一を競い合う「技能五輪全国大会」。
年齢にかかわりなく、熟練技能者がその技能を競い合う「技能グランプリ」。
そして、職業能力開発施設、工業高校等において技能を習得中の企業等に就業していない20歳以下の若年者を対象とした「若年者ものづくり競技大会」。

技能五輪全国大会における具体的な種目は、機械製図、美容、配管、建築大工、レストランサービス、ウェブデザイン、造園、電気溶接、西洋料理、ITネットワークシステム管理などジャンルは多岐に渡る。

次代を担う青年技能者に努力目標を与えるとともに、大会開催地域の若年者に優れた技能を身近にふれる機会を提供することで、技能の重要性、必要性をアピールし、技能尊重の気運を図っているのだ。

とは言え大会の様子を目にする機会もなかなかないので、イベントでは実際に大会の様子をパネルなどで紹介、また技能五輪全国大会入賞者が実演するデモンストレーションを行うほか、同イベントの広報大使である足利市発アイドルユニット「渡良瀬橋43」も参加し、デモンストレーションを体験する予定。

進路を考えている高校生はもちろん、将来何になろうかまだ考え中の小中学生も、社会で活躍する様々な職種の技能士を知る良い機会になるはずだ。夏休みの自由研究の題材にもなるかもしれないので、ご家族と一緒に参加してスゴ技を間近で体験してみては?

「技能競技大会」展2016 in 栃木
日時:7月29日(金)10時~17時
会場:イオンモール小山さくらコート
概要:パネル展示、デモンストレーション
入場無料

中央職業能力開発協会(JAVADA)
http://www.javada.or.jp/