160728_map_01夏休みに入り、東京駅や上野駅も例年通り賑わいを見せている。旅行や帰省で、普段はなかなか乗る機会がない新幹線や私鉄を前に、興奮を抑えきれないお子さんも多いはずだ。
せっかく列車で旅をするのなら、家族や友達同士で路線を“乗りつぶし”てオリジナルの旅行MAPを作ってみてもいいかもしれない。

 7月19日に双葉社から発売となった「鉄道旅行 日本全線乗りつぶしMAP(税別1200円)」は、そんな夏休みの思い出に役立てたい1冊だ。

ここでいう“乗りつぶし”とは、ある鉄道路線を全ての区間に渡って乗り尽くすことで、地図などの“塗りつぶし”にかけて“乗りつぶし”と呼ばれている。

本書はJR・私鉄・地下鉄、路面電車も網羅した最新路線地図のMAP。大きめのA4サイズで、都心部などの密集エリアも拡大して見やすくなっているので、子供が色えんぴつで塗りやすいのが嬉しい。

青春18きっぷを始めとする「地域別おとくなきっぷガイド」や、特別付録としてA2サイズの「日本全国新幹線MAPポスター」も付いているのが特徴だ。

既に乗った路線、これから乗りたい路線などをぬり分けたり、メモページや空いた地図のスペースに、スタンプや切符を貼ることもできる。
子供の自由研究用として活用するもよし、電車や食べたものなどのイラストを描いたり、付箋やシールを駆使して思い出を閉じ込めるのもよし。パソコンやスマホが当たり前の時代、手書きで何かを作り上げるという楽しさもあるはずだ。

旅行だけでなく、スタンプラリーなどのイベントや、「ポケモンGO」でポケモンを探しに行く旅の記録にもオススメの一冊(もちろん駅校内での歩きスマホなどマナーにはご注意を)。この夏、自分たちだけの楽しいMAPを完成させよう!

鉄道旅行 日本全線乗りつぶしMAP
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-45622-6.html160728_map_02