cimg1801%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a%ef%bc%92
cimg1802-%e5%b1%95%e7%a4%ba%e4%bc%9a125歳以下の若手アーティストから公募によるアートコンテストTiCTAC presents G-SHOCK「勝手に広告展」が仙台、福岡 、東京の3会場で開催され、審査された作品がCASIO時計新製品発表会において展示された。

この「勝手に広告展」は、25歳以下の若手アーティストから公募によるG-SHOCKの世界観を表現したデジタル作品を展示するデジタルアートイベントで、G-SHOCKのタフネスをアート作品として表現し、これから世に出て行くアーティストのための登竜門となるアートコンテストだ。

このコンテストには、G-SHOCKのタフネスをイメージした力作が60点以上も応募があり、最優秀賞に輝いたのはMADBLAST HIRO氏の作品「My wall is my self」だ。この作品はG-SHOCKの回りに、燃えたぎる炎(情熱)とその熱量からでた湯気を表現。さらに、中央の23:59分という時間表示は、締切1分前の時刻で「最後まで諦めない自分との戦い」を表現したそうだ。

作品名の「My wall is my self」の意味も、芸術家として有名な岡本太郎氏の言葉で知られる「壁は自分自身だ」の英訳だという。

審査員のjbstyle氏は、「今回の応募作品には、自由な発想を存分に発揮したオリジナリティが感じられ、皆G-SHOCKの世界観を上手く表現している。
中でも、「最優秀作品の「My wall is my self」は、リアルタフネスというテーマを具現化する際、まずはオレンジを基調としたビジュアルでインパクトを与え、燃え盛る炎や抽象的な形の装飾などで味付けをし、このテーマの持つ本質を模索させることで、見る人達を楽しませた。作品から感じる作家本人の熱意、そのものがリアルタフネスだった。」と作品を評価している。この作品は審査員票だけでなく会場来場者の投票も多く、全体的な得票からポイントを獲得していたのが特徴だった。

また、優秀賞のよねやたいき氏の「タフな奴ほど欲しくなる」、シロガネガジ氏の「SHOW YOU MY TOUGHNESS」。審査員特別賞の宮崎みつみ氏の「KRUMPER」など、いずれの作品も迫力があり面白い作品だという評価をしている。

今回これら入賞作品が展示されていたのはCASIOの時計新製品発表会会場で、来場した方々も作品を見て「やはり最優秀賞作品は、ちょっと目を引くね」「リアルタフネスというテーマを表現している作品ですね」等、どれを見ても素晴らしい作品ばかりでG-SHOCKを良く表しているなど、賞賛していた。

勝手に広告展 公式サイト
http://www.freestylead.com/
G-SHOCK オフィシャルサイト
http://g-shock.jp/

最優秀賞 MADBLAST HIRO氏 作品名 「My wall is my self」

最優秀賞 MADBLAST HIRO氏 作品名 「My wall is my self」

優秀賞 シロガネガジ氏 作品名「SHOW YOU MY TOUGHNESS」

優秀賞 シロガネガジ氏 作品名「SHOW YOU MY TOUGHNESS」

優秀賞 よねやたいき氏 作品名「タフな奴ほど欲しくなる」

優秀賞 よねやたいき氏 作品名「タフな奴ほど欲しくなる」

審査員特別賞 宮崎みつみ氏 作品名「KRUMPER」

審査員特別賞 宮崎みつみ氏 作品名「KRUMPER」