2019年1月11日(金)~13日(日)の3日間、千葉県・幕張メッセにおいて「東京オートサロン2019」が開催された。
カスタムカーと関連商品の展示会として、1983年に「東京エキサイティングカーショー」が開催されてから、今回で37回目を数えるこのイベント。1987年に名称を「東京オートサロン」としてからは、年を追うごとにその規模と集客数も右肩上がりで、平成最後となる2019年は、出展者数こそ426社と前年比割れ(2018年442社)したものの、カスタムカーショーの神髄ともいえる出展車両台数はついに900台を超えて906台となり、来場者数は過去最大の33万666人を数えるに至った。
筆者が取材したのは初日午前中の業界・報道関係者招待日だったのだが、それでも海外からの関係者も早くから来場したせいか、撮影・取材もままならないほどの盛況ぶり。ここは不謹慎だが気持ちを切り替えて早々からお祭り気分に浸りながら取材することにした。
近年は国内外の自動車メーカーも積極的にブース出展しており、カスタムカーのベースになる車両展示はもとより、メーカー自らがカスタムやライフスタイル提案を行うなど、年々その規模も拡大している。
このフォトレポートでは、オートサロンの一部であるが、出展車両やブースを写真とともに紹介していく。

東ホールで一番大きなスペースを割いたのがTOYOTA GAZOO Racing。朝一番に訪問したのだが、話題の次期スープラの前にはすでにたくさんの人だかりができていた。

金曜日午前中はスケジュールに沿って主要各社のプレスカンファレンスや発表会がおこなれた。
写真上はSUBARU/STIブースのプレスカンファレンスの模様。下はマツダの表彰式。

国内主要自動車メーカーはこぞって大型ブース展開。日産自動車は西ホールでコンセプトカーを含む展示内容。三菱自動車は北ホールで話題の新型デリカD:5と2019日本カーオブイザイヤーを受賞したエクリプスクロスを多数展示。

ホンダやスズキ、ダイハツではカスタムのほかにライフスタイル提案も。


海外メーカーも積極的に出展。小規模ながらロータスのブースにも人気があり、一方のメルセデス・ベンツはAMGやSUPER GTマシン展示のほか、物販も積極的。

東京オートサロンは中国のチューニングカーイベント「ALL in TUNNING 2019」に特別後援。北ホールには中国の14社が参加した中国パビリオンも。

トラック展示で異彩を放つ日野自動車はガンダムZZなどのメカニカルデザインを担当した小林誠さんとのコラボレーションデザイン。2台の間にはアンドロイド風の実物大フィギュア。ステージでは同じコスチュームでダンスを披露していた。

車だけではなく、展示ブースも年々趣向を凝らし、更に立体的なものが増えてきた。

会期中は多彩なゲストも登場。TOYOタイヤではCMやYoutube動画でおなじみのケン・ブロックのモンスターマシンが展示されており、本人もゲストで会場を訪れていた。

東京オートサロンといえば、カスタムカーだが、そのカスタムベースとなる車自体がスーパーカーと言われるものもある。これらが目の前でみられるのも東京オートサロンの人気の秘密か。

ダイハツコペンクーペはこの東京オートサロン初日の1月11日から専用ウェブサイトで商談希望者の募集を開始した。200台限定。

コンセプトカーだけではなくクラシックカーやネオクラシックカーも所々で展示されている。上はエンドレスブースのカルマンギアと日産チェリー。下はダンロップブースに展示されていた新旧ベントレー。

メーカーやカスタムショップではない第3?の出展カテゴリーともいえる自動車学校。学生のカスタムカーには感心させられるものもある。

カスタムカーだけではなく、国内レースカテゴリーのSUPAR GTやスーパーフォーミュラマシン。
2018年復活の兆しを見せたトロロッソ ホンダ STR13のF1マシンなども展示。

このほかにも、スペシャルライブやオークション、寺門ジモンの東京ミートサロン、同上試乗会など、今や幕張メッセだけではなく幕張周辺も巻き込んだ一大イベントとなっている。
来年は2020年1月10日(金)~12日(日)の3日間で行われる予定なのでお忘れなく。