2010/05/27 イベント

韓国俳優ファン注目! アン・ソンギ、ク・ヘソン参加イベントの応募受付中

SSFF & ASIA 2010「映像を通じた日韓観光振興」シンポジウムが東京と横浜で開催


ク・ヘソン
ク・ヘソン
アン・ソンギ
アン・ソンギ
笛木優子
笛木優子

 6月10日(木)から開催される、米国アカデミー賞公認の「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)2010」は、今年12年目を迎える日本発・アジア最大級の国際短編映画祭だ。

 この映像ファン注目の祭典が、韓国最大の「アシアナ国際短編映画祭」と連動し、旅をテーマにしたショートフィルムを通じて、日韓両国の観光振興に働きかける特別プログラムを実施すると発表した。

 具体的な例を挙げると、SSFF & ASIA 2010では「日本の旅」「日本の魅力」を描写するショートフィルムを対象に、観光庁がパートナーとなって審査を行う「旅シヨーット!プロジェクト」を実施しているが、同部門の入選作品を映画祭の開催中に無料上映する。
 さらに「旅シヨーット!プロジェクト」入選作や特別製作作品は、2010年11月4日(木)〜9日(火)にソウル・光化門で開催予定の「アシアナ国際短編映画祭」でも上映し、ショートフィルムというメッセージ性の強い映像を媒介にして日本の魅力を紹介する。

 また「映像を通じた日韓観光振興」シンポジウムを、6月10日(木)に表参道ヒルズスペース オーにて、6月12日(土)に横浜みなとみらいのショートフィルム専門映画館、ブリリア ショートショートシアターにて開催。
 東京会場で行われるシンポジウムには、ジャパン・フィルムコミッション副理事の田中まこ氏による「映像が観光にもたらす影響について」の基調講演が実施されるほか、韓国を代表する国民的俳優であり、アシアナ国際短編映画祭実行委員長を務めるアン・ソンギ、そして現在TBSで放送中の『アイリス』にも出演中の笛木優子、最新作『パレード』も好評な行定勲監督らがパネリストとして参加する。

 そして横浜会場では、韓国版『花より男子』のクム・ジャンディ(牧野つくし)役で知られるク・ヘソンに加え、SSFF & ASIAに入選経験のある日韓の若手映画監督が登場する予定で、熱心な映画ファンはもちろんのこと、韓国俳優が気になる人も見逃せない。
 シンポジウムの参加には事前登録が必要で、本日より「日韓観光振興プロジェクト」オフィシャルサイト登録方法が掲載されているので、詳細を確認しよう。

 その他にも、SSFF & ASIA 2010 では6月16日(水)19時20分よりブリリア ショートショートシアターにて、韓国ミュージッククリップ特集を実施する。
 こちらのメインでは、韓国を代表する男性シンガー、パク・ヒョシンのヒット曲『愛した後に』のミュージックビデオをディレクターズカットで紹介。全編スイスロケを行ったミュージックビデオの主演は、人気俳優のパク・ヨンハで、ファン注目の作品がスクリーンで鑑賞できるとあり、こちらも話題を呼びそう。
 また、同作品の監督であり韓国を代表するミュージックビデオ界の巨匠、チャン・ジェヒョク監督のトークショーやティーチインも行う。貴重な機会なので、足を運んでみてはいかがだろう?

 上映スケジュールなどの詳細は「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010」オフィシャルWebサイトを確認のこと。

『愛した後に』
パク・ヒョシンのヒット曲『愛した後に』も上映
チャン・ジェヒョク監督
チャン・ジェヒョク監督のトークショーも
「日韓観光振興プロジェクト」オフィシャルサイト
http://www.shortshorts.org/japankorea/
ショートショート フィルムフェスティバル & アジア2010
http://www.shortshorts.org/

[関連記事]
米国アカデミー賞公認の「ショートショート フィルムフェスティバル」が6月10日より開催
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=1850
思わず沖縄へ旅したくなるショートフィルム(短編映画)『青春マンダラー!』が完成
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=1812
美女暦とショートショート フィルムフェスのコラボから女優誕生へ
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=1839
土屋アンナも絶賛のショートフィルムが完成
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=1851
  



 イベント