2011/03/08 商品サービス

現代人特有の疲れに効くお宝が開発中!?

第6回こだわり食品フェア2011で見つけた鯉寿司のお味は?


鯉寿司
鯉寿司
鯉寿司
肉厚の身が柔らかく旨味たっぷり
鯉寿司
鯉寿司
鯉羊羹

 鳥インフルエンザや口蹄疫など、畜産業に壊滅的なダメージを与える伝染病は、時に業者を廃業状態に追い込んでしまう。
 大切に育てた家畜を処分する時の苦悩は、我々の想像をはるかに超えるだろうが、先日の「第6回こだわり食品フェア2011」には、事実上の廃業状態から立ち上がり、中小企業庁が展開する支援事業を活用して、新たな特産品を開発した企業が出展していた。

 2003年に茨城県の霞ケ浦を襲った「コイヘルペス」のニュースを覚えているだろうか。
 2003年10月、霞ヶ浦において養殖鯉の大量死が発生し、同年11月には農林水産省はコイヘルペスウイルスが大量死の原因であると公表。茨城県は即日養殖鯉の出荷自粛を指導し、11月12日には鯉の移動禁止命令を出すに至る。
 コイヘルペスウイルスは鯉以外の魚や人に感染する事は全くないのだが、広大な霞ケ浦に拡散したコイヘルペスウイルスを完全に駆除する事は不可能と判断した業者は、ウイルスの感染拡大を防ぐためにすべての養殖鯉を処分し、県内の全業者が事実上廃業状態となったのだ。

 そして2009年、茨城県はコイヘルペスウイルスに耐性を持つ鯉の育成技術が開発された事などを理由に、耐性コイの育成が義務付けられるなど条件付きながら、霞ケ浦のコイ養殖の再開を認める決定を下す。
 ただし、完全にコイヘルペスウイルスが駆除されたわけではないため、養殖された鯉を生きた状態で霞ケ浦、北浦流域以外に移動することは禁じられた。これは2003年の大量死以前は、霞ヶ浦産の養殖鯉の9割が活魚として出荷されていた事を考えると、手放しで喜べる状態には程遠い。

 とは言え、今の環境でも出来る事はあるのではないか… そう考えたのが1967年から養殖業を営み、1989年からは活魚販売に加え食品加工を開始したコモリ食品だ。
 あまりに身近な魚であるため忘れがちになってしまうが、そもそも鯉は高タンパクでビタミンB群、D、E、コラーゲン、タウリンが豊富で、魚の中でも特に栄養価が高い事から“薬用魚”とも呼ばれている。
 さらに網膜の抗酸化作用に優れるルテインや、目の潤いに働きかけるヒアルロン酸、DHA、コンドロイチン硫酸も含み、オフィスワークやケータイの操作で目が疲れがちな、現代的なライフスタイルにも最適な食材でもあるのだ。

 こだわり食品フェアのブースでは、養殖鯉を現代人でも食べやすく加工した食品を展示。その第1弾として紹介されていたのが、コモリ食品自慢の鯉の照り焼きを使った「鯉寿司」だ。
 この「鯉寿司」は、中小企業庁の支援事業である「地域産業資源活用事業」を利用して開発された商品である。
 地域産業資源活用事業とは、地元の人々にはなかなか見えない経済活性化につながる“宝の山”を掘り起こし、2007年6月に施行された「中小企業地域資源活用促進法」を軸に、マーケティングなどに精通した専門家のリソースを提供。資金や税制面も含め総合的な支援を行い、地域に眠る資源を“お宝”へと磨き上げる取り組みだ。

 筆者も実際に試食させてもらったのだが、見た目は鯉独特の鱗の跡がくっきりと残っていて、しかもかなり肉厚の切り身が乗せられている。これは臭いもきついのではと恐る恐る口にしたのだが、懸念していた泥臭さは微塵もなく、肉厚の身も柔らかく旨味に溢れるもので、文句なく美味しいと言える仕上がりだ。
 個人的な印象としては蕎麦屋で食べる鰊蕎麦のニシンを、もっとふっくらとした印象で、しっかりとした味付けながら甘すぎる事もなく、これが冷たいシャリとの相性が抜群に良いのだ。
 市販されている押し寿司の中にはボソボソ感のある商品も見かけるが、この鯉寿司は味と食感のバランスに優れた完成度の高い食品と太鼓判を押したい。決して鯉を食べ慣れているとは言えない筆者ではあるが、もしも店頭に並ぶ鯉寿司を見かけたら間違いなく購入するだろう。

 コモリ食品では、地域産業資源活用事業による商品として「鯉はむ」と「鯉羊羹(鯉ゼリー)」を開発中。筆者は鯉のエキスを練りこんだ鯉羊羹を試食したが、印象としては良くある羊羹のようで、味の面では更なる改良が必要という印象。函館の「イカようかん」のような演出をしても面白そうだが、今後の専門家の手腕により、どのような“お宝”に成長するかには興味が持てる。
 販売チャネルや価格など、商品はいずれも開発中となっているが、気になる人はコモリ食品オフィシャルWebサイトで、最新の情報を入手してはいかがだろうか。

コモリ食品
http://komori.fdblog.jp/

[関連記事]
2011年 地サイダーのトレンドは「水」と「お茶」!?
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=2138
豚肉を醸した肉醤油「美幌豚醤油 まるまんま」
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=2127
釣り人の憧れ日置川の天然鮎を使った「あゆチョビ」と「あゆしょうゆ」
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=2122
ご当地アイスの極めつけ!? 鮒寿司アイスを食べてみた
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=2120
和歌山県発の「たなべぇサンド」は梅にこだわったご当地サンド
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=1761
秋田のご当地プリン「なまはげの塩ぷりん」
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=1555
食物繊維たっぷり!「かんぴょう うどん」
http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?code=1336
  



 商品サービス