130701_bike_01数多くのバイクイベントが開催される7月から9月にかけては、バイカーにとって楽しい時期だろう。8月11日(日)にはNEXCO中日本・清水パーキングエリアにて、バイク王&カンパニーが「Fun to Ride! Meeting 2013@清水PA」を開催。無料の安全講習会や、大展示・試乗会、中古車を賢く買うためのポイントなどについてのセミナーといった、バイク乗りのためのイベントが行われる。

そのイベントのひとつとして実施されるのが、「未来のバイクデザインコンテスト2013」の表彰式&プレゼンテーション大会だ。同社が運営する「バイク王 バイクライフ研究所」が開催するコンテストで、若年層に向けたバイク文化の啓発活動として、高校生・高等専門学校生・大学生等を対象に「未来のバイク」への願いや想いを表現してもらうもの。先日より応募開始をスタートしているが、応募締切りがいよいよ7月31日(水)(必着)に迫っている。

募集作品は、オリジナルまたは既存モデルをアレンジした「未来のバイク」。A3サイズでデザインを制作し、オフィシャルサイトでダウンロード可能な指定の応募用紙に必要事項を記入添付して応募する。
大賞1点には賞金10万円、賞状、トロフィーと、副賞として再現グラフィックが、優秀賞3点には賞金5万円、賞状、トロフィーが授与される。
コンテストの協力・監修には、日本大学 生産工学部機械工学科 景山一郎 研究室、日本大学 生産工学部機械工学科 丸茂喜高 研究室、上智大学 理工学部機能創造理工学科 竹原昭一郎 研究室、東京理科大学 工学部第一部機械工学科 林隆三 研究室が名を連ねている。

表彰式&プレゼン大会には、大賞および優秀賞の受賞者が招待され(国内交通費は運営事務局が負担)、当日はバイク王 バイクライフ研究所所長の澤篤史、同研究所の研究員でモーターサイクルジャーナリストの河野正士と小倉修、前出の丸茂喜高(日本大学・生産工学部准教授)、林隆三(東京理科大学・工学部講師)が参加予定となっている。
締め切りまで残り日数わずかだが、夏休みに入った学生の皆さんは腕試しに応募してみては? コンテストの詳細は、「未来のバイクデザインコンテスト2013」オフィシャルwebサイトを確認のこと。

未来のバイクデザインコンテスト2013
http://www.8190.co.jp/company/lab/futurebike/index.html
Fun to Ride! Meeting 2013@清水PA
http://www.8190.co.jp/company/811event/index.html
バイク王 バイクライフ研究所
http://www.8190.co.jp/company/lab/index.html