150715_mini4_01子供から大人まで、誰でも簡単に組み立て可能なミニ四駆。上級者志向が強いプラモデル業界の中で、初心者でも楽しめるキットとして存在価値の高いアイテムでもある。

また最近では過去のミニ四駆ブーム世代が大人になり、子供のころには手が出なかった高価なパーツを組み込んで再び速さを追求するリターンレーサーや、親子でミニ四駆を楽しむファミリーレーサー層も増えており、 “第三次ミニ四駆ブーム”と呼ばれ、公式のレース大会には多くの参加者が盛り上がっている。

そんなミニ四駆を、『ダッシュ! 四駆郎』や『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』など、ミニ四駆コミック&アニメを切り口に紹介するのが、7月19日(日)に発売される双葉社のコンビニムック『懐かしのミニ四駆図鑑』だ。
この図鑑に収録されるのは、第一次ブームを支えたダッシュマシン“エンペラー”シリーズや第二次ブームの主役マシン“マグナム”シリーズといったお馴染みのミニ四駆から、デザインが発表されたばかりの“グレート ブラストソニック(9月発売予定)”までの174モデル。
今のミニ四駆レースを楽しんでいる人はもちろん、かつてのミニ四駆レーサーも必ずお気に入りの1台を見つけることができるハズだ。

本書ではミニ四駆コミックやアニメに登場したモデル以外にも、カーデザイナーが手掛けた実車のようなモデルや、1982年に発売された“最初のミニ四駆”なども紹介。
懐かしくて新しい、そして思っていたより奥の深いミニ四駆の世界を、『懐かしのミニ四駆図鑑』で確認してはいかがだろうか。

懐かしのミニ四駆図鑑
http://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-30909-6.html