イラスト 進藤やす子

イラスト 進藤やす子

オフィスで働く女性のための情報紙「シティリビング」では、第19回「シティOL川柳大賞」受賞作品を決定。「オフィス部門」「恋愛・結婚部門」「マネー・ライフ部門」「ビューティー・ダイエット部門」の4部門で作品を募集し、優秀作品を選定した結果、2015年に全国のシティ読者から応募された3114句の中から13句が入賞した。

大賞はこちら。「女子力の 高い男子を ライバル視」。【作者の声】オシャレカフェやショップの情報にいち早く詳しい男子同僚。いつしかライバル精神が生まれる複雑な気持ちに。(京都エリア、38歳)

また、入賞作品(一部抜粋)はこちら。「出会いたい 今はイケメン のちイクメン」「ドラゲナイ どういう意味だか ワカラナイ」「マイナンバー 未来の旦那も ひもづけて」「彼氏より 修造の方が やる気出る」。

“イクメン”“マイナンバー”など時代を現すキーワードとともに、オフィスの人間模様や恋愛、結婚など、働く女性のリアルな姿が浮かび上がってくる。発表はシティリビング東京(2016年1月8日付、巻頭特集)ほか全国のシティ紙面、Webで行う。

なお、好評を得た第1弾、第2弾に続き、 「シティOL川柳大賞」応募作品から優秀句80句をセレクトした最新刊『女子会川柳3 壁ドンに 憧れ今は オフィスのドン(税込1000円)』が1月7日(木)より発売。お勤め女子のたくましい姿が見えてくるようだ。

シティOL川柳大賞2016
http://city.living.jp/tokyo/f-tokyo/591924