160609_time_02これまでに映画やドラマ、コミック、アニメなど数多く作品化されている、筒井康隆のSF小説『時をかける少女』。
2006年に劇場公開された、細田守監督による映画『時をかける少女』は、早くも今年で10年を迎えるが、それを記念し、映画の舞台でもある東京国立博物館(台東区上野公園)にてイベントを実施。「時をかける少女×東京国立博物館」特別企画と題し、野外シネマ、スペシャル・ギャラリー、物販を行う。

野外シネマは、7月15日(金)と16日(土)19時より(上映は19時30分頃を予定)。15日は上映前に細田守監督と、東京国立博物館の松嶋雅人平常展調整室長によるトークイベント、16日にもスペシャルゲストによるイベントを予定。入場には、東京国立博物館の入館料が必要となる。

なお、座席付チケット(限定グッズ付)の事前販売を予定。雨天時は野外シネマは中止となるが、座席付チケットを持っている人のみ、東京国立博物館平成館にてトークイベントおよび上映に参加できる。

スペシャル・ギャラリー「『時をかける少女』と東京国立博物館」は、劇中内で描かれた「アノニマス-逸名の名画-」展を企画監修した松嶋雅人平常展調整室長キュレーションによるスペシャル展示を行う。
期間は7月12日(火)~7月31日(日)、東京国立博物館 本館特別4室にて。東京国立博物館入館料が必要となる。

その他、同博物館前の正門プラザにて、『時をかける少女』オフィシャルグッズや、東京国立博物館限定デザインのオリジナルグッズを販売。
野外シネマ開催日には、野外シネマ限定デザインのグッズや、飲食の販売を行う予定。こちらも期間は7月12日(火)~7月31日(日)、入館料は不要だ。

なお、これらの規格は同監督作品『バケモノの子』テレビ初放送を記念して行われる“スタジオ地図2016 in Summer”の一環として行われる。
その他、様々なイベントが企画されているとのこと、詳細はウェブサイトを確認しよう。

スタジオ地図2016 in Summer
http://www.studio-chizu.jp/2016/160609_time_01