WSD-F20-RG

WSD-F20-RG

WSD-F20-BK

WSD-F20-BK

G-SHOCKやOCEANUSと並び、CASIOを代表する腕時計ブランドである「PRO TREK(プロトレック)」は、アウトドアシーンを想定した堅牢性や機能性だけでなく、操作性や視認性といったユーザビリティも高く評価されている。そのプロトレックから、低消費電力GPSを搭載し、電波が届かない場所でもカラー地図機能が使えるスマートウォッチ「“PRO TREK Smart”WSD-F20」が4月21日に登場する。

このWSD-F20は、昨年発売された「“Smart Outdoor Watch”WSD-F10」で蓄積されたノウハウを活かし、プロトレックシリーズに相応しいモデルとして進化したもの。5気圧防水のMIL規格準拠ボディにGPSを内蔵し、携帯電波の圏外など、スマートフォンがオフラインになるようなエリアでもカラー地図をウォッチフェイスに表示し、リアルタイムで位置情報を確認可能。日本の「みちびき」、アメリカの「GPS」、そしてロシアの「GLONASS」の衛星測位システムに対応し、安定した位置情報の受信を確保しているのだ。

こうした機能は多くの人にとってオーバースペックのようにも聞こえるが、CASIOが独自開発したアプリを活用すると、日常生活を豊かに演出してくれる、現代的なツールとして活きてくる。

例えば仲間と位置情報を共有し、メッセージを送受信することができる“CASIO MOMENT LINK”は、アカウント登録不要の簡単操作で、最大9名のパーティを結成し、画像付きのマップピンでメンバーの位置を地図上に表示可能だ。このアプリを使えば、ロードバイクやMTBを使ったツーリングでは、個人のペースや信号待ちなどで差が開いてしまっても、いちいち携帯で連絡せずに位置情報を確認できる。さらにWSD-F20のOSにはAndroid Wear 2.0を採用しているので、多彩な地図アプリや天気情報アプリも追加可能。ライフスタイルに合わせてアプリをインストールすれば、休日のアウトドアシーンだけでなく、オンタイムでも役に立つギアとしてカスタマイズできるのだ。

もちろん“スマートウォッチ”らしく、文字盤にあたるウォッチフェイスも気分に合わせて変更可能。地図データにアナログ針を表示するWSD-F20らしいデザインに加え、G-SHOCKのアイコンデザインである“三つ目フェイス”も選択可能なのは、CASIO製品ならではのお楽しみだ。

一部機能を除き,Androidのみならずios端末にも対応したWSD-F20。気になる価格は、ACアダプターと専用充電ケーブル付きで5万1000円(税別)。4月21日(金)からは、製品ご購入者にアウトドアグッズやVプリカギフトが抽選で総計1050名に当たる「PRO TREK Smart デビュー記念Wチャンスキャンペーン」もスタートするので、最先端のアウトドア系スマートウォッチに興味がある人はお見逃しなく。

PRO TREK Smart
http://wsd.casio.com/jp/ja/

PRO TREK Smart デビュー記念Wチャンスキャンペーン
http://wsd.casio.com/jp/ja/cp/
PRO TREK /PRO TREK Smart公式Facebookサイト
https://www.facebook.com/CASIOPROTREKJapan/