東京らくごめぐり落語といえば、江戸時代から親しまれてきた伝統芸能だ。伝統芸能と言ってしまうと敷居が高くなってしまうが、現在でも浅草演芸ホールや新宿末広亭といった寄席やTV放送などで楽しむことができる大衆娯楽だ。

この落語をより楽しむことができる『東京らくご巡りツアー』が9月2日(土)に浅草、日本橋で開催される。

浴衣や夏着物の着付けをし、多くの落語の舞台となった浅草、日本橋や江戸時代末の深川佐賀町の町並みを実物大で再現している深川江戸資料館を巡るもの。
散策、周遊中は真打 三遊亭司師匠が、ガイド案内してくれるので、江戸時代から変わっていない風景や当時の生活、習慣などを知ることができ、より落語が面白くなるはずだ。
周遊後には、老舗蕎麦屋「藪伊豆総本店」でのそばランチ、そして、三遊亭司師匠の落語も堪能できる。

予定されている演目は、日本橋で実際に営業していた料亭が舞台となっている「百川」や親元を勘当された若旦那が大川端の船宿で船頭をする「船徳」など。その日の参加者の客層を見て、いくつかの噺の中から決めるそう。

師匠は、道楽者の若旦那が出てくる噺や女性や悪人といった自分と正反対の人間を演じることが好きだそうなので、こういった点に注目して落語鑑賞してみてはいかがだろうか。

概要は以下の通り。詳細は特設サイト(https://travel.l-tike.com/user_data/rakugo/)まで。

【開催概要】
「東京らくご巡りツアー」
日程:2017年9月2日(土)
場所:浅草・日本
最少催行人員…20名様

Aコース:和装で行こう!バスで周遊 江戸人体験
集合…浅草午前9時~10時頃
金額お一人様…17,100円

内容
・浴衣or夏着物の着付、小物レンタル、ヘアセット
・三遊亭司師匠と浅草寺周辺を徒歩で散策
・三遊亭司師匠のガイド付 バス周遊(浅草~日本橋)
・藪伊豆総本店にて昼食(そば)
・藪伊豆総本店にて落語鑑賞

Bコース:和装で行こう!藪伊豆総本店で落語コース
集合…浅草 午前11時頃
金額お一人様…9,400円

内容
・浴衣or夏着物の着付、小物レンタル、ヘアセット
・藪伊豆総本店にて昼食(そば)
・藪伊豆総本店にて落語鑑賞

Cコース:藪伊豆総本店で落語コース
集合…藪伊豆総本店 午後1時20分
金額お一人様…6,600円

内容
・藪伊豆総本店にて昼食(そば)
・藪伊豆総本店にて落語鑑賞