160301_tokyo_013月18日(金)~4月3日(日)まで、東京タワーの真下で開催される「魚フェス」の出店メニュー情報が一挙解禁となった。詳細は下記の通り。

「魚フェス」とは、2015年4月に「日本魚祭り」として開催。日本固有の魚の調理法や四季折々の魚の種類などを今一度思いおこしてもらいたい、実際に見て味わって体験してほしい、そんな熱い想いで実施された。
そして2020年のオリンピック開催に向けて、日本の魚を広く世界にアピールしていくことを目標に、今年新たに「魚フェス」として開催される。

北海道から九州まで10都市の厳選された海の幸メニューがラインナップ。お米ソムリエの資格を持ち、白米のオカズを求めて全国を食べ歩くグルメエンターテイナー“フォーリンデブはっしー”が応援団長に就任し、イベントを盛り上げていく。

【東の海】北海道/神奈川/静岡/兵庫/博多がラインナップいたしました。
●北海道:厳選三種盛り北海丼、肉厚ホタテの豪快浜焼き&イカのチャンチャン焼き
●神奈川:湘南しらすの三色丼、フワフワ食感のしらす焼売
●静岡:海鮮かき揚げタワー丼、駿河湾まるごと五色丼
●兵庫:幻の背子ガニ丼、海鮮出汁でいただく明石焼
●博多:名物ぶったぎり海鮮丼~炙り明太いくらのせ~、唐泊恵比須牡蠣のまるごと蒸し

【西の海】築地/淡路島/鳥取/下関/佐賀がラインナップいたしました。
●築地:築地の極上マグロ食べ比べ丼、江戸前握り寿司 築地セット
●淡路島:淡路島名物全部のせ丼、だし香る鯛茶漬け
●鳥取:カニ味噌たっぷり甲羅焼きセット、焼きガニ中華スープ
●下関:下関直送ふくにぎり、豪華絢爛とらふく刺盛り
●佐賀:生牡蠣の門崎熟成肉ローストビーフ包み、生牡蠣の門崎エイジングビーフ肉寿司スタイル

<イベント概要>
【魚フェス in 東京タワー】
▼開催期間
《東の海》会場 2016年3月18日(金)~4月1日(金)
《西の海》会場 2016年3月18日(金)~4月3日(日)
▼営業時間
月~木 11:00~20:00
金   11:00~22:00
土・祝前日 10:00~22:00
日・祝 10:00~20:00
※4/1(金)は、東の海会場は~20:00
※桜の開花にあわせて延長営業(~22:00)あり
▼会場
東京タワー 1階特設会場
※公共交通機関をご利用ください
▼料金:入場料無料、飲食代別途
(食券・電子マネー利用可能)
※食券は 1 枚 700 円(税込)
※飲食物の持ち込みは禁止させていただきます
▼主催
魚フェス実行委員会
▼企画制作
AATJ株式会社/株式会社アートフルデイズ

魚フェス
http://sakanafes.jp