<ベーカリースイーツ>蒲焼パン

<ベーカリースイーツ>蒲焼パン

<新宿秀吉>いわし蒲焼丼

<新宿秀吉>いわし蒲焼丼

<スギモト>豚バラ蒲焼弁当

<スギモト>豚バラ蒲焼弁当

暑さが厳しくなるこの季節、身体が欲するものといえばうなぎ。今夏の土用の丑の日は7月24日(金)と8月5日(水)だが、世間がうなぎモードになるとやはり恋しくなるというもの。
しかしながら、ニホンウナギが絶滅危惧種に指定され、価格は年々高騰しており、庶民には手が出しづらいと感じるのも事実。

そんなご時世を反映して、クロマグロの完全養殖で知られる近畿大が、一般に泥臭い味とされるナマズを、専用の餌を開発するなどしてうなぎ味化することに成功して話題を呼んでいる。大阪梅田と東京銀座にある養殖魚専門料理店「近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」でスペシャルランチメニューを限定数で試験販売するとのこと。

また、大丸浦和パルコ店では7月23日(木)~24日(金)に「うなぎフェア」を開催し、本物の蒲焼きやうな重に加えて、ユニークなフェイクうなぎなど約20種類のメニューをラインナップ。
蒲焼きに見えて、実はパンという「蒲焼きパン(ベーカリースイーツ/194円~)」、うなぎが苦手という人にも喜ばれる「いわし蒲焼き丼(新宿秀吉/600円)」、実は豚(見た目も完全に豚だけど)という「豚バラ蒲焼き弁当(スギモト/680円)」、「ぶた蒲重(まい泉/799円)」、チョコロールケーキの上にシュー皮でとぐろに見立てたうなぎがのったケーキ「うなぎロール(アドリア/450円)を各店舗で販売する。

ちなみに江戸時代、沼地が多かった浦和は、そこで獲れるうなぎの味が評判で中山道を通る人がわざわざ足を運んだと言われており、今でも「うなぎのまち」として親しまれているそうだ。
もちろん本物の「うな重(北辰鮨/1780円)」もあるので、お好みのうなぎメニューを浦和へ探しに出かけては?

大丸浦和パルコ店
http://www.daimaru.co.jp/urawa-parco/