150901_waka_019月に入り一気に秋めいてきたが、待ち遠しい一大イベントと言えば今やハロウィン。そしてハロウィンと言えばかぼちゃのジャック・オー・ランタンだが、JAグループ和歌山では名産の柿を使ったPRを昨年から展開している。

和歌山県は、柿の出荷量・作付面積ともに全国1位。JAグループ和歌山では、いよいよ甘くてジューシーな「たねなし柿」の出荷がはじまり、11月には「富有柿」の出荷など、12月上旬まで柿の出荷最盛今年は、和歌山の柿をかぼちゃに見立てて作る「柿のジャック・オー・ランタン」のPRをはじめ、サンリオの人気キャラクター「マイメロディ」「クロミ」とコラボし、和歌山の柿やマイメロディグッズなどが当たるキャンペーン、和歌山の柿を使ったレシピコンテストを開催する。詳細はキャンペーンサイトを参照のこと。

キャンペーンサイトで型紙をダウンロードすれば、手軽に柿のジャック・オー・ランタンを作ることができる。今年は可愛い柿のランタンをたくさん作って、ハロウィンパーティーを盛り上げよう。

キャンペーンサイト
http://www.kaki-de-halloween.com/